Kindle Unlimited本オススメブログ

Kindle Unlimitedの中でのオススメを紹介します!

偉人達の習慣大全「1日ごとに差が開く 天才たちのライフハック」がKindle Unlimitedで読み放題

1日ごとに差が開く 天才たちのライフハック

内容

圧倒的な成功を収めた〝天才〟と呼ばれる人たちと、私たち一般人のなにが違うのか?
最新の研究では、先天的な才能とは別に、日々の習慣が人の成功に影響を及ぼしているとしている。
そこで本書は、古今東西の〝天才〟たちが駆使してきたライフハック――習慣に焦点を当てた。
たとえば、大文豪アーネスト・ヘミングウェイが立ちっぱなしで小説を執筆していたことや、あのApple創業者スティーブ・ジョブズが、常に泣く習慣を持っていたことなどは、ほとんど知られていない。
本書では、こうした習慣の内容だけではなく、それが彼らの業績にどのように影響したのか、科学的にどのような効果があったのかを、詳細に解説した。

出版

すばる舎 (2019/4/14)

感想・引用

各界の著名人などが行っている事、その人の習慣・考え方を3ページほどでうまくまとめています。

私も初めて知った事が多く、取り入れたい習慣がたくさんでした。

ライフハックという言葉から連想する内容では無く、成功者達の習慣・考え方大全みたいな1冊でした。

PayPalの複雑さ・不便さという弱点に目をつけて、それをできるだけシンプルにする方法を研究した。コードは別途の手続き抜きで、無料で利用する方法にした。ユーザーは決済額の2・9%を手数料としてStripeに支払えば良い。とてもシンプルな仕組みであり、会社の成長が早いのには、このような理由があるのだ。  コリソン兄弟の生活でもっとも目を引くのが、 時間を節約する習慣 である。   30 歳になったパトリックの自宅のパソコンでは、残りの寿命がカウントダウンされている。 80 歳まで生きると仮定して、人生の残り時間が刻々と減っていっているの
腹いっぱいにランチを食べると、頭の働きが鈍くなる」 と考えており、社員にも長いお昼休みは与えなかった。自身は昼食は軽食で済ませるぶん、ナッツやクラッカーなどをポケットにしのばせて
アルベルト・アインシュタインも、毎朝、何を着るのか考えるのが時間の浪費だとして、毎日同じ服を着た。この習慣は、FacebookのCEOマーク・ザッカーバーグや、スティーブ・ジョブズも持っていた。  ザッカーバーグは同じ服だけでいっぱいのクローゼットを公開したこともある。  これは 日常における選択を最小にして、生活をシンプルにするための習慣
多数の研究によれば、 立って働くと頭脳が活性化され、集中力が高まる のだという。動脈硬化や心筋梗塞、そしてがんが発生するリスクも低下すると
彼女が「推理小説の女王」 と呼ばれる所以である。  小説を執筆しているときのクリスティーには、特別な習慣があった。   冒頭から書き始めずに、しばしば殺人シーンから書いたのである。 犯行がどう行われたかを詳しく描いた後に、その前後のストーリーを補完していく手法だったのだ。  彼女がこうした手法を採用した理由は、 推理小説の核心が殺人シーンだからで
すべてのスケジュールを5分単位で管理する習慣 を持っている。  5分単位というのは、5分ごとに違う仕事をするという意味ではなく、「 15 分間メールをチェック、5分間休憩、 20 分間営業チームと会議、5分食事……」 という調子で、5分をひとつの単位として日程を計画しているということである。  ぼうっとしたり居眠りして時間を浪費することなど、想像もできない忙しさで
一般的に、彼のような天才科学者は、静かな研究所で、ひとりで黙々と研究に没頭しているイメージがあるが、ノイマンの場合は うるさい音楽や騒々しい場所が大好きだった。わざわざ
1時間刻みでやるべきことが決められているが、特筆すべきは、朝起きた後と、夜寝る前に、自問自答すべき事柄が書かれているのだ。  朝は、「今日はどんな有益なことをしようか?」。  夜は、「今日はどんな有益なことをした
その単純労働を楽しくするために、アイブは 一日中トランス音楽を聴きながら働く習慣 を持っている。彼はトランス音楽が大好きで、わざわざイギリスから大型のスピーカーを取り寄せてオフィスに設置したという。  この習慣の効果を裏付けるものとして、「単純な仕事をするときに音楽を聴くと、仕事の生産性が高くなる」 という研究結果がある。また、音楽を聴くと脳からいわゆる「幸せホルモン」と呼ばれるドーパミンが分泌され、心理的な緊張を緩和する効果があるという。『ハリー・ポッター』シリーズで知られるJ・K・ローリングも、毎晩チャイコフスキーの曲を聴きながら執筆している。これは音楽が単純労働に彩りを与えるという間接的な証拠だろう。クリエイティブな成果は楽しい環境でしか生まれないからで
中国の大思想家、孔子は言った。 「知る人は好む人に勝てない。好む人は楽しむ人に勝てない」  フレミングの習慣こそ、楽しんで、遊ぶように仕事する人が最強であることを示して
そして 毎日5分だけ使って、1日にひとつ発明をする習慣 を自らに課した。  この習慣には、 考える時間は毎日5分に限ること、5分考えてもアイデアが無ければ、その日は諦めること という2つの原則があった。
このようなメモ習慣は、彼がシナリオを執筆するうえでとても役に立つという。いくら頭が切れる映画監督でも、何もないところからアイデアをひねり出すのは不可能だからだ。  1か月前に友達から聞いた冗談、1年前のパーティーで聞いたある人物に関する武勇伝、数か月前の路上で突然思いついたアイデア……これらのメモを参照しながらシナリオを構成すれば、机の前でうなっているだけでは考えつかないような展開を作れるだろ
作品を執筆する前に、カラーペンで登場人物たちの相関図などを作る習慣 を持っている。  彼女は、『ハリー・ポッター』シリーズ以外にも推理小説を書いたことがある。このときは、容疑者は赤色、レッドヘリング(推理小説において、読者が犯人を簡単に特定できないように注意を逸らす役割を持つキャラクター)は青色という具合に、 わかりやすく区別する。  そうやってアイデアを紙にまとめて、後でパソコンに入力するの
「パソコンにタイピングした人より、手で紙に書いた人のほうが頭脳活動が活発だった」 という研究結果もある。  さらに、カラーで区別することは、情報が数種類ごとに整理され、思考がより体系的になるメリットもある。小さな習慣ながら、とても有効な習慣で
ビジネスマンが毎日3~4時間も散歩することは難しいが、 一駅手前の駅で降りてオフィスまで歩いたり、休日に時間をとることはできる はずだ。ぜひ、ひとりきりで散歩しながら仕事や自分の生き方について思索を深めてみて欲しい。常に考えながら生きる人生と何も考えず生きる人生には多くの差があるの
このように多くのクリエイターには、 行き詰まったときに試してみるフレームワークが準備されている から、アイデアが降ってこなくても思考停止に陥らずに済んでいるので
鳥山はいつも 仕事を簡単に終える方法を考える習慣 を持ってい
トーバルズが、 気に入らない仕事をする者には容赦ない罵声を浴びせる習慣 を持っているからだ。コードに欠陥があったり、気に入らない部分があったりすると、それを作った人の気持ちなどは考えずに、手厳しく批難してしまう。  相手は気分を害するだろうが、Linuxの機能を犠牲にするよりは、ひとりの人間の気分を悪くしたほうがマシという理屈
ニュートンが型破りだったのは、ただの犬の耳ではなく、 犬の耳の先が彼が重要だと考えた文章や単語を指すようにページを折った。当然、耳の大きさはまちまちで、ページの半分以上を覆うような大きさのものもあった。  また、本の余白に自分なりの索引を作るなどして
「世界で生産される木材の1%は、イケアの家具を作るために使用される」 という記事を見たことがある。イケアがどれだけ多くの家具を販売しているかを示す、わかりやすい統計である。一社の木材消費量としては驚異的な
彼はひとつひとつの仕事に順番に着手するのではなく、 ある仕事を半分ほど終えると、別の仕事に手をつけるのだ。混乱してしまいそうだが、マルクスはこのやり方を楽しんでいたらしい。2つの仕事について同時に考えていると、頭を休めることなく忙しく動かさなければならないから
バフェットは、 自分にとって重要な情報は暗記してしまう習慣 を持っている。  これは幼いころからの日課であり、特に好きなのは数字である。小学生時代から、オマハの都市人口など、多くの統計資料を暗記していた。おかしな習慣だが、とにかく彼はずっと昔から数字が大好きだったのである。  大学時代には教科書を丸ごと覚えてしまうほどで、投資家となってからも数多くの企業の純利益や売上高などを頭に入れてい
まずい料理は誰が作ったものであろうと「まずい」と言う、 幼いころからの妥協のない視線 がある。  一般的に、人は教育課程において「短所より長所に注目しなさい」と教えられ、何事も斜に構えて批判的に見る者のことを評価しない傾向にある。しかし、これは裏返せば、バイアス(偏り)にとらわれず的確に問題点を見抜く能力があるということである。  最近ではこうした能力を「批判的思考力」 と呼んで、高等教育で習得させるべき汎用的技能として教育カリキュラムに取り入れるべきとの意見が
以上が打席でのルーティーンだが、それは試合前・試合後の行動にも及ぶ。  イチローは 翌日のゲームの開始時間から逆算して、寝る時間、起きる時間、食事の時間など、すべてのスケジュールを決めている。年間の試合日程はシーズン開幕時にわかっているので、イチローの1年間の動きはシーズン開幕と同時に自動的に決まってしまっているの
ゲイツはMicrosoftを経営していたころも、たびたび読書のために休暇をとった。ついでに旅行を楽しむといった性格ではなく、 完全に読書に時間を充てるためだけの休みだ。ときには、外部からの連絡を断って、読書のための山荘に一週間も籠もった。  彼はブログに自分が読んだ本の感想を書く習慣を持っている。ゲイツが高く評価した本は、一気に売上が伸びるため、とても影響力の大きい読書ブロガーでも

www.amazon.co.jp