Kindle Unlimited本オススメブログ

Kindle Unlimitedの中でのオススメを紹介します!

社内のデータの貯め方・扱い方に困ったら読む本「データマネジメントが30分でわかる本」がKindle Unlimitedで読み放題

データマネジメントが30分でわかる本

内容

======================================================
本書の概要
======================================================
不確実なマーケット環境で企業が生き残るには、データが必要不可欠です。しかし、いざデータを活用しようすると「このデータでは使い物にならない」と判明して、話が頓挫してしまったことはありませんか。それは「データマネジメント」が出来ていないからです。

本書は、データマネジメント知識体系(DMBOK)の独自要約とケーススタディ集です。WEB系の事業会社でデータマネジメントを実践している有志一同で書き上げました。本書を読むことで、データマネジメントの各領域と具体的な活動をイメージできるようになります。

======================================================
方針・ポリシー
======================================================
実務において「チームの課題図書」と言える1冊が存在しなかったことが、本書執筆のきっかけです。勉強するためではなく、行動するための書籍です。100点の教科書を求めている方には向きません。20点の足掛かりを必要とする実践者に読んでいただけると幸いです。現場の実務に活用できるヒントを得ることができるはずです。

======================================================
本書の構成
======================================================
DMBOKはデータマネジメントを「11の領域」に分けて解説し、具体的な活動と成果物、関連する技術や組織を紹介しています。これらをまとめた公式書籍が出版されており、日本語訳『データマネジメント知識体系ガイド 第二版』も出ています。しかし、非常にボリュームが多く、初学者が読み解くには労力を要します。

そこで、本書ではDMBOK第二版の内容を30分で読めるように噛み砕いてまとめました。11章構成で、各領域について解説しています。それぞれの章の中身は「30秒コース」「3分コース」「30分コース」と分けているので、目的に応じて読み進めてください。より具体的な実践例を知りたい方に向けて、ケーススタディとして「3時間コース」も提供しています。

======================================================
目次 & 章末チェックリスト
======================================================
【01:データアーキテクチャ】
・データが発生してからビジネスに活用されるまでのアーキテクチャ図はあるか?
・アーキテクチャの改善計画はあるか?

【02:データストレージとオペレーション(DB)】
・ライフサイクル全体に渡ってデータを適切に保存しているか?
・データベース、ストレージの保守運用は十分に安定しているか?

【03:データ統合と相互運用性(ETL)】
・必要なフォーマットとタイミングでデータを安全に提供できているか?
・データ統合のコストと複雑性を十分に削減できているか?

【04:データモデリングとデザイン(ER)】
・データの関連性を概念レベル、論理レベル、物理レベルで描けているか?
・データモデルの更新や参照は十分に効率化されているか?

【05:マスターデータ管理】
・マスターデータを正式なソースとして社内各所で利用できているか?
・マスターデータの更新や参照は十分に効率化されているか?

【06:ドキュメントとコンテンツ管理】
・ドキュメントを効果的かつ効率的に蓄積、検索、利用できているか?

【07:データセキュリティ】
・プライバシーと機密性に関する規制、ポリシーの遵守が十分になされているか?
・プライバシーと機密性に関するアクセス制限、監査が十分になされているか?

【08:データ品質管理】
・データ品質(サービスレベル:SLA)の基準、要件、仕様について定義できているか?
・定義の更新・測定・レポート・改善を継続的に実施できているか?

【09:データウェアハウジング(DWH)とビジネスインテリジェンス(BI)】
・データ利用者は効果的かつ効率的に分析と意思決定を行えているか?

【10:メタデータ管理】
・様々なデータソースのメタデータを十分に収集・統合できているか?
・メタデータにアクセスするための標準的な方法を提供できているか?

【11:データガバナンス】
・データ資産を管理するための役割分担、権限付与が十分になされているか?
・データマネジメントに関するルール、ポリシー、プロセス、評価、ツール、責任について関係者合意は取れているか?
・データの利活用は計画通りに進んでいるか?

======================================================
著者について
======================================================
ゆずたそ / @yuzutas0

データ活用や新規事業開発に伴うITコンサルティングを提供。
国内最大規模の技術カンファレンスである PyConJP や Developer's Summit にて登壇。
日本における DataOps の第一人者として DataKitchen社の公式記事に取り上げられる。

はせりょ / hase-ryo

FinTech系のベンチャー企業に所属。
ダッシュボードツール Looker のヘビーユーザーとして Looker Japan User Group で登壇。
国内ではまだ事例の少ない、事業会社におけるデータマネジメント組織の立ち上げを担う。

======================================================
読者の感想
======================================================
読者の感想ツイートをまとめました。購入に迷っている方はぜひ参考にしてください。
https://togetter.com/li/1483149

参考

yuzutas0.hatenablog.com

togetter.com